審美治療とは何か

審美的な歯の治療とは

審美的を目的とした歯科治療

インプラントは入れ歯やブリッジと比べて審美歯科的に見ても優れている点があります。それは顎の骨にきちんと力が加わることで顎の骨が痩せることを防ぐ点と見た目が自然という点です。通常は歯で物を噛んで起きた振動が骨や歯茎に伝わり、輪郭などを維持していますが、入れ歯になると骨までは振動が伝わらず、どうしても輪郭がこけてしまいます。これは入れ歯やブリッジが他の健康な歯に金具を使って支えてもらっているだけの状態だからです。また入れ歯だと金具が見えてしまうことがあり、審美歯科的に見てもインプラント治療の方がメリットが多いのです。

インプラント治療は審美歯科にも

インプラント治療は従来の入れ歯やブリッジと比べると見た目も自然できれいな仕上がりになります。入れ歯やブリッジは金具で周りの歯に固定をする形になるので、金具が見えてしまったり不自然になってしまったりと見た目は劣ってしまいます。しかしインプラントは顎の骨に埋め込んだ人工歯根の上に義歯を被せるため、金具などの固定具もありませんし、見た目も自然なので審美歯科という面でも注目されている歯科治療になります。また入れ歯やブリッジと比べるとしっかりと固定されているため、しっかりと物を噛むことができるのもメリットの一つです。

↑PAGE TOP

Copyright © 審美的な歯の治療とは. All rights reserved.